2021 全日本RR Round1 もてぎ 活動報告

レジェンド控え室に監督が表敬訪問
レジェンド控え室に監督が表敬訪問に来てくれました。右から、前列・河崎裕之LRC副会長、後列・芳賀紀行監督、吉川和多留監督、清原明彦LRC役員、水谷 勝LRC役員

4月3-4日ツインリンクもてぎで開催された全日本ロードレース選手権開幕戦で、レジェンドライダースクラブも、河崎裕之、清原明彦、水谷 勝の各氏が各レースの予選や決勝を解説、さらに「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の選考をさせていただきました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場時の体温測定以外にも各人計5回に及ぶ体調確認報告を行いました。会場での動線も限られ、ファンの方達との交流は実際には出来ませんでした。

それでも、コントロールタワー内に設けていただいた控え室を拠点として、グランドスタンド側の中継室や、Grooviewアプリを使ったレース・イベントライブ配信スタジオ、ピット、パドックでのライダーインタビューなど、精力的に活動させていただきました。

J-GP3決勝の解説には河崎裕之さんに加え、Astemo Honda Dream SI Racingの伊藤真一監督にもお手伝いいただきました。

J-GP3決勝の解説
J-GP3決勝の解説を河崎裕之LRC副会長とともにお手伝いいただいたAstemo Honda Dream SI Racing、伊藤真一監督(手前)。

レース副音声チャンネル「レジェンドがブッタ切る!! JSB1000」には、清原明彦さん、水谷 勝さんに加え、川島賢三郎LRC事務局長とともに世界耐久選手権、JSB1000/SB/S-NKなどのチャンピオン、北川圭一さんにも出演いただきました。

ツーリングアワード会場 河崎裕之さん
ツーリングアワード会場で参加車両を選考する河崎裕之さん
ミスターカワサキのキヨ(清原明彦)さん。
やはりカワサキ車両が似合う、ミスターカワサキのキヨ(清原明彦)さん。アワード参加車にサムアップ
アワード参加車両と共に水谷 勝さん
アワード参加車両のワイヤー付き小型ディスクロックが気に入った水谷 勝さん

「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」では、レジェンドからのプレゼントとしてモビリティランドの江原貢一さんが厳選した、それぞれのレジェンドに縁のある「RACERS(レーサーズ)」(三栄刊)にサインをさせていただきました。

もてぎツーリングアワードの特別賞プレゼント
カワサキKR250、350からKR500を作り、レースをした清原明彦さん。ヤマハYZR500を作り、戦った河崎裕行さん。スズキRGΓで一世を風靡(ふうび)した水谷 勝さん。それぞれのマシン開発ストーリーを機種ごとに特集したこだわりのムック「RACERS」(三栄刊)の表紙にサイン。もてぎツーリングアワードの特別賞としてプレゼントさせていただきました

またレジェンド達は、JSB1000クラス・中須賀克行を擁するYAMAHA FACTORY RACING TEAMの吉川和多留監督とST600クラス・芳賀瑛大、涼大を擁するニトロレーシング41YAMAHAの芳賀紀行監督の表敬訪問を受けました。

最後になりましたが、コロナ禍の厳しい状況の中、感染防止に配慮しながら大会を主催された関係者のみなさん、熱い走りを披露してレースを盛り上げてくれたライダーとそれを支えたチームの皆さん、さらにもてぎまで足を運んでくれた観客のみなさんにお礼を申し上げます。

次回活動は、決まり次第このホームページで告知させていただきます。

2021 MFJ全日本ロードレース選手権開幕

本日(4月3日・土)ツインリンクもてぎで、全日本ロードレース選手権が開幕しました。レジェンドライダースクラブも、河崎裕之、清原明彦、水谷 勝の各氏が、早くも熱戦となった予選や決勝を解説、「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の選考もさせていただきました。

柿沼佐智子さん実況で、JP250の予選と決勝の解説した水谷 勝さん
竹内さくらさん実況で、ST600予選を解説した清原明彦さん
柿沼佐智子さん実況で、J-GP3予選を解説した河崎裕之さん

明日は、J-GP3、ST600、ST1000、JSB1000レース2の決勝が行われます。また「レジェンドライダーが選んだもてぎツーリングアワード」の発表もさせていただきます。

この機会に、皆さんのご来場をお待ちしています。

2021 MFJ全日本ロードレース選手権 第1戦「スーパーバイクレース in もてぎ」
https://www.twinring.jp/superbike_m/event/

「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」
https://www.twinring.jp/superbike_m/touring/index.html

MFJ60周年記念 レジェンドライダーが選ぶ もてぎツーリングアワード

2021 MFJ全日本ロードレース選手権 第1戦「スーパーバイクレース in もてぎ」開催中の4月3日(土)- 4日(日)、来場バイクを対象に、レジェンドが自(みずか)らの好みで選ぶ「レジェンドアワード」が開催されます。審査レジェンドとして、伊藤真一、河崎裕之、水谷 勝、清原明彦の4名が参加させていただきます。各レジェンドは、車種、年代、カラーリング、カスタム、ナンバープレートなど、独自の基準で「最高のバイク」を選びます。受賞車のオーナーの方には賞品や記念品を贈呈させていただきます。

参加条件:
・普通自動二輪免許および原付免許所持者
・車検を受けている車両かつ違法改造でない車両。また自賠責保険に入っている車両
・当日、バイクで来場した方

参加料:無料

選考日時:
下記時間帯に駐車した車両が対象
・4月3日(土)7:30~11:00
・4月4日(日)8:00~10:50

審査場所(駐車場):スーパースピードウェイ ホームストレート

参加希望の方は以下のURL(バイク来場特典 試乗会・アクティビティ)内「もてぎへツーリングに行くべき10の理由」の5番目、「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の「もっと詳しく」をお読みいただき「お申し込みフォームはこちら」から、イベント参加証をダウンロードして、印刷もしくは携帯画面で表示できるよう準備して来場してください。

https://www.twinring.jp/superbike_m/touring/index.html

賞品、記念品は「ホテルツインリンク宿泊ペアチケット」や各レジェンドにゆかりのある三栄刊「RACERS(レーサーズ)」誌・直筆サイン入りなどです(結構豪華です)。

結果は4/4(日)13:15~を予定しています。Grooviewで配信します(Grooviewで配信する表彰ステージはツインリンクもてぎ場外では閲覧不可となるそうです。ご注意ください)。

また、スーパースピードウェイ ホームストレートで選考中のレジェンドに出遭ったらお気軽にお声がけください。選考終了後、時間が許す限りサインにも応じさせていただきます。

バイクで来場される方はぜひご参加ください。

LRC事務局雑記帳 2021年1月15日

会計担当の古谷重治です。

本日は、LRC2020年度会計監査のため、感染防止対策をして築地の日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)を訪問。監査まで時間があったので、以前から気になっていた「東京築地 うなぎ はいばら」2号店に寄ってみました。

新型コロナウイルス感染防止のため、店内は座席数を減らし、ボックス席も片側だけ使用するという徹底ぶり。店員のみなさんはアルコール消毒を続けていました。そんな中で注文したのは鰻重「竹」コース。肝串焼きと肝吸、香の物が付いて税込3,000円。国産うなぎ使用の蒸してから焼いたうなぎは、口の中でご飯とともに溶けていきました。出汁を極力抑えて肝そのものの風味を味わえる肝吸も絶品でした。

MFJからほど近い築地場外市場内にある「うなぎ はいばら」。写真は、その竹コース

満足の昼食だったせいか監査もスムーズに進行。お墨付きのハンコもいただきました。こんなご時世でも衛生に気を遣いながら営業を続ける「うなぎ はいばら」にあらためて感謝。

帰りがけ、MFJ事務局の桑原 修(60)さんが、本日定年退職日と伺いご挨拶。私が現役の取材者だった時に所属したトライアルプレスクラブ(TPC)の意見に耳を傾けていただき、惜しみなく取材協力していただきました。お世話になりました。長い間本当にご苦労様でした。

そう言えば隠岐事務局長より、本年度の全日本ロードレース主催者よりLRCメンバー招聘(しょうへい)の依頼が来ている旨の話も伺いました。新型コロナウイルス感染拡大のため昨年は一切の活動ができませんでしたが、今年こそはと満を持しています。