東京モーターサイクルショーMFJブースに殿堂者のレプリカ・クリスタルレリーフ

本日(2022年3月25日)から始まった「第49回 東京モーターサイクルショー」(開催日:3月25-27日 東京ビッグサイト)のMFJブース(西3・4ホール 4F)に、昨年の12月に殿堂入りした久保和夫氏、鈴木忠男氏、山本 隆氏、吉村太一氏のパネル展示と美しいレプリカ・クリスタルレリーフが展示されました。

レプリカ・クリスタルレリーフ
展示されたレプリカ・クリスタルレリーフ。左から、久保和夫氏、鈴木忠男氏、山本 隆氏、吉村太一氏に贈られたものです。

各氏の顕彰理由は以下のとおりです。

久保和夫氏

スズキファクトリーライダーとして、1964年の第1 回モトクロスグランプリにおいて125ccと250cc クラスのダブルタイトルを獲得。 翌65 年には、日本人として初めてモトクロス世界選手権に出場し、その道を切り開かれました。その後、チューナーとしても活動の場を広げ、「チームSRS クボ」を率いて、多くのライダーを育成するなど競技の普及振興に寄与されました。

鈴木忠男氏

ヤマハのファクトリーライダーとして、1969 年全日本モトクロス選手権250cc クラスでチャンピオンを獲得されました。その後、「SP 忠男レーシング」を設立され、多くのロードレースライダーを育成し、世界トップレベルの選手を数多く輩出するなど競技の普及振興に寄与されました。

山本 隆氏

カワサキファクトリーライダーとして、全日本モトクロス選手権で、1967 年に90cc と250ccクラス、翌68 年に250cc クラス、さらに69 年は再び90cc クラスで、計4 度のチャンピオンを獲得されました。その後は、トライアル競技に転向され、引退後は長きにわたってMFJ トライアル委員長を務められ、競技の普及振興に寄与されました。

吉村太一氏

スズキファクトリーライダーとして、1967 年に全日本モトクロス選手権125ccクラスでチャンピオン獲得、1970 年には、125cc 250cc のダブルタイトルを獲得されました。また、その後、ホンダファクトリーライダーとしてもご活躍されました。「マウンテンライダース」を率いて、多くの若手ライダーを育成し、全日本チャンピオンも数多く輩出されました。さらに「アールエスタイチ」を設立され、数多くのライダーをサポートしてレース活動を支援するなど、競技の普及振興にも寄与されました。

MFJブース
MFJブースは、ホンダ、ハーレー、BMW、トライアンフなどのブースがある西3・4ホール(4F)です。今回のMFJブースはレーシングマシンの展示も充実しています。期間中は、混雑が予想されるので見落としにご注意ください。

「MFJ モーターサイクルスポーツ殿堂」は、日本のモーターサイクルスポーツの歴史を後世に伝え、輝かしい実績のあった功労者ならびに選手を顕彰するため、2018 年度に設立されたものです。これまでの 殿堂顕彰は、2018 年度顕彰:【ライダー部門】伊藤光夫氏 / 高橋国光氏、2019 年度顕彰:【技術・指導者部門】本田宗一郎氏 / 吉村秀雄氏です。

事務局:古谷重治記

MFJ、2021年殿堂入り受賞者発表

前列左から殿堂入りした
久保 和夫氏、鈴木 忠男氏、山本 隆氏、吉村 太一氏
後列右から
MFJ殿堂評議会 大久保 力委員長、高桑 元委員、森脇 南海子副委員長、坪内 隆直委員、鈴木 哲夫MFJ会長

12月18日(土)に、オンライン配信にて開催された「MFJ MOTO AWARDS SHOW 2021」で、今年度のMFJ殿堂入りの受賞者が発表されました。

今年度の殿堂入り受賞者は

久保 和夫氏
鈴木 忠男氏
山本 隆氏
吉村 太一氏

の4名でした。

MFJ殿堂評議会 大久保 力委員長
「今年度は、殿堂評議会においてモトクロス部門の黎明期を対象にすることとなりましたが、ご存知の通り、1960年代はマシンもライダーのテクニックも急速な進歩を始めた時期でもあり、群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)のチャンピオンのなかから 今回の 4 名の方を選出させていただくことは大変悩ましいことでした。 その上で、チャンピオン獲得などレースの成績はもちろんですが、その後の活動において自らチームを率いて多くのライダーを輩出したことや、協会の活動への長きにわたるご協力などを観点に選考をさせていただきました」

顕彰式後、レジェンドライダーズクラブ(LRC)の吉村 太一副委員長は、「今後も健康に注意しながら若いライダーとモータースポーツを楽しんでいきます」と抱負を語りました。また、LRCの活動にいつも協力をいただいている忠(ちゅう)さんこと鈴木 忠男氏は「エライものを貰(もら)っちゃった」とさかんに恐縮していました。

「MFJ モーターサイクルスポーツ殿堂」は、日本のモーターサイクルスポーツの歴史を後世に伝え、輝かしい実績のあった功労者ならびに選手を顕彰するため、2018 年度に設立されました。これまでの 殿堂顕彰は、高橋 国光、伊藤 光夫、本田 宗一郎、吉村 秀雄の各氏です。

今年度の顕彰者プロフィールなど、詳しくは
https://www.mfj.or.jp/wp-content/uploads/2021/12/MFJ_YEAR_BOOK_2021_WEB.pdf
「YEARBOOK2021 MFJ全日本選手権シリーズランキング」の2ページ目からをご参照ください。

事務局:古谷 重治記

LRC役員もついに殿堂入りするか? MFJ MOTO AWARDS 2021開催迫る

MFJは、12月18日(土)に会場に集まっての表彰式に変わり、オンライン配信にて「MFJ MOTO AWARDS SHOW 2021」を開催し、全日本選手権ランキング認定表彰を行ないます。詳細は下記の通りです。ぜひ本配信をご覧いただき、今シーズンを戦い抜いた選手の皆様の栄誉を称えてください。

また、非公開で行なわれたMFJ殿堂顕彰式の模様も放映されるそうです。今回の殿堂入りメンバーには、LRCの役員の名も候補に挙がりました。LRC事務局でも当日の発表をワクワクしながら待っているところです。

<MFJ MOTO AWARDS SHOW 2021  開催概要>

◆配信日時  : 2021年12月18日(土)19時〜配信開始

◆配信チャネル: YouTube MFJ公式チャンネル
https://www.youtube.com/c/MFJofficial

◆開催内容
2021年度MFJ 全日本選手権ランキング認定表彰/特別賞等各賞、受賞者の紹介
リモートおよびVTRによる選手のご出演
ファンの皆様からのメッセージ紹介 等

◆表彰対象
MFJ 全日本選手権シリーズ各種目ランキング上位 3 選手
海外選手権参戦功労賞
特別賞
自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長杯
MFJ特別表彰
MFJモーターサイクルスポーツ殿堂顕彰  他

事務局:古谷重治記

鈴鹿サーキットで超一級の歴史的資料が発見されました。

みなさんは、決勝開始直前に中止になったレースがあったことをご存知でしょうか? それが約40年前に鈴鹿サーキットで開催された’82日本GP 国際A・B500とスーパー1000でした。特にA・B500は、国内初の4メーカー対決が実現するという前評判で注目を集めていました。ところが、台風が紀伊半島を襲い激しい風雨のためレースができなくなってしまったのです。

レースが中止されたため当時の専門誌も予選の記録はほとんど掲載せず、正式な予選結果表やスターティング・グリッド表も残す必要が無かったため散逸して、いつしかレース自体が忘れ去られていました。

ところがこの秋、鈴鹿サーキットの施設内で、この時のスターティング・グリッド表が発見されたのです。ロードレース界にとっては、古墳発見のような、超一級の歴史資料であることは間違いありません。

幻のスターティング・グリッド表

このスターティング・グリッド表には、当クラブの杉本五十洋会長や、河崎裕之副会長、清原明彦役員、水谷 勝役員が名を連ねています。さっそくみなさんにお話を伺うと、よほど印象に残っていたのでしょう、昨日のことように当時の様子や心境を語ってくれました。

そこで、それらの話をまとめ、10月28日に発売された「情熱のロードレース Vol.2 1987年 鈴鹿8耐」(八重洲出版刊)というムックに「幻の4ワークス対決 そして、もうひとつの情熱のロードレース」というタイトルで寄稿させていただきました。

執筆には、木の実レーシングの新田 茂さんや、1980年時代のライダーイラストでは第一人者だった村井 真さんなどにも応援を頼み、協力していただきました。

当日、雨に打たれながら鈴鹿サーキットにいた方も、レースファンとして結果を楽しみにしていたひとも、さらには今のレースに関わっている方も、『あの時あんなことがあったんだ』と、考えさせられる仕上がりになりました。

ちなみに当クラブの川島賢三郎事務局長は、 当日午前中に行われた国際A・B125の決勝に、豪雨の中カッパ無しで出場しています。また、このホームページを作ってくれている平野知子さんも前日に行われたノービス125ccクラスの雨の決勝を走っていました。

みなさんがこの「スターティング・グリッド表」を見て、何を思い出し、何を語り始めるか、新たな論証や、研究、考察が出てくることも楽しみです。

情熱のロードレース Vol.2 1987年 鈴鹿8耐

タイトル:情熱のロードレース Vol.2 1987年 鈴鹿8耐
発売日:2021年10月28日(木)
発行形態:ムック
価格:1,485円(本体 1,350円)
判型:A4
綴じ:平綴じ
ページ数:100P
刷色4色: 94P
        1色: 6P
発行所:八重洲出版
編集長:川上 滋人
編集人:五十嵐重明
発行人:酒井 雅康
入手方法:https://www.yaesu-net.co.jp/item/passionate-motorcycle-road-racing-2/

事務局:古谷重治記

2021 全日本RR Round1 もてぎ 活動報告

レジェンド控え室に監督が表敬訪問
レジェンド控え室に監督が表敬訪問に来てくれました。右から、前列・河崎裕之LRC副会長、後列・芳賀紀行監督、吉川和多留監督、清原明彦LRC役員、水谷 勝LRC役員

4月3-4日ツインリンクもてぎで開催された全日本ロードレース選手権開幕戦で、レジェンドライダースクラブも、河崎裕之、清原明彦、水谷 勝の各氏が各レースの予選や決勝を解説、さらに「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の選考をさせていただきました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場時の体温測定以外にも各人計5回に及ぶ体調確認報告を行いました。会場での動線も限られ、ファンの方達との交流は実際には出来ませんでした。

それでも、コントロールタワー内に設けていただいた控え室を拠点として、グランドスタンド側の中継室や、Grooviewアプリを使ったレース・イベントライブ配信スタジオ、ピット、パドックでのライダーインタビューなど、精力的に活動させていただきました。

J-GP3決勝の解説には河崎裕之さんに加え、Astemo Honda Dream SI Racingの伊藤真一監督にもお手伝いいただきました。

J-GP3決勝の解説
J-GP3決勝の解説を河崎裕之LRC副会長とともにお手伝いいただいたAstemo Honda Dream SI Racing、伊藤真一監督(手前)。

レース副音声チャンネル「レジェンドがブッタ切る!! JSB1000」には、清原明彦さん、水谷 勝さんに加え、川島賢三郎LRC事務局長とともに世界耐久選手権、JSB1000/SB/S-NKなどのチャンピオン、北川圭一さんにも出演いただきました。

ツーリングアワード会場 河崎裕之さん
ツーリングアワード会場で参加車両を選考する河崎裕之さん
ミスターカワサキのキヨ(清原明彦)さん。
やはりカワサキ車両が似合う、ミスターカワサキのキヨ(清原明彦)さん。アワード参加車にサムアップ
アワード参加車両と共に水谷 勝さん
アワード参加車両のワイヤー付き小型ディスクロックが気に入った水谷 勝さん

「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」では、レジェンドからのプレゼントとしてモビリティランドの江原貢一さんが厳選した、それぞれのレジェンドに縁のある「RACERS(レーサーズ)」(三栄刊)にサインをさせていただきました。

もてぎツーリングアワードの特別賞プレゼント
カワサキKR250、350からKR500を作り、レースをした清原明彦さん。ヤマハYZR500を作り、戦った河崎裕行さん。スズキRGΓで一世を風靡(ふうび)した水谷 勝さん。それぞれのマシン開発ストーリーを機種ごとに特集したこだわりのムック「RACERS」(三栄刊)の表紙にサイン。もてぎツーリングアワードの特別賞としてプレゼントさせていただきました

またレジェンド達は、JSB1000クラス・中須賀克行を擁するYAMAHA FACTORY RACING TEAMの吉川和多留監督とST600クラス・芳賀瑛大、涼大を擁するニトロレーシング41YAMAHAの芳賀紀行監督の表敬訪問を受けました。

最後になりましたが、コロナ禍の厳しい状況の中、感染防止に配慮しながら大会を主催された関係者のみなさん、熱い走りを披露してレースを盛り上げてくれたライダーとそれを支えたチームの皆さん、さらにもてぎまで足を運んでくれた観客のみなさんにお礼を申し上げます。

次回活動は、決まり次第このホームページで告知させていただきます。

2021 MFJ全日本ロードレース選手権開幕

本日(4月3日・土)ツインリンクもてぎで、全日本ロードレース選手権が開幕しました。レジェンドライダースクラブも、河崎裕之、清原明彦、水谷 勝の各氏が、早くも熱戦となった予選や決勝を解説、「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の選考もさせていただきました。

柿沼佐智子さん実況で、JP250の予選と決勝の解説した水谷 勝さん
竹内さくらさん実況で、ST600予選を解説した清原明彦さん
柿沼佐智子さん実況で、J-GP3予選を解説した河崎裕之さん

明日は、J-GP3、ST600、ST1000、JSB1000レース2の決勝が行われます。また「レジェンドライダーが選んだもてぎツーリングアワード」の発表もさせていただきます。

この機会に、皆さんのご来場をお待ちしています。

2021 MFJ全日本ロードレース選手権 第1戦「スーパーバイクレース in もてぎ」
https://www.twinring.jp/superbike_m/event/

「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」
https://www.twinring.jp/superbike_m/touring/index.html

MFJ60周年記念 レジェンドライダーが選ぶ もてぎツーリングアワード

2021 MFJ全日本ロードレース選手権 第1戦「スーパーバイクレース in もてぎ」開催中の4月3日(土)- 4日(日)、来場バイクを対象に、レジェンドが自(みずか)らの好みで選ぶ「レジェンドアワード」が開催されます。審査レジェンドとして、伊藤真一、河崎裕之、水谷 勝、清原明彦の4名が参加させていただきます。各レジェンドは、車種、年代、カラーリング、カスタム、ナンバープレートなど、独自の基準で「最高のバイク」を選びます。受賞車のオーナーの方には賞品や記念品を贈呈させていただきます。

参加条件:
・普通自動二輪免許および原付免許所持者
・車検を受けている車両かつ違法改造でない車両。また自賠責保険に入っている車両
・当日、バイクで来場した方

参加料:無料

選考日時:
下記時間帯に駐車した車両が対象
・4月3日(土)7:30~11:00
・4月4日(日)8:00~10:50

審査場所(駐車場):スーパースピードウェイ ホームストレート

参加希望の方は以下のURL(バイク来場特典 試乗会・アクティビティ)内「もてぎへツーリングに行くべき10の理由」の5番目、「MFJ60周年記念レジェンドライダーが選ぶもてぎツーリングアワード」の「もっと詳しく」をお読みいただき「お申し込みフォームはこちら」から、イベント参加証をダウンロードして、印刷もしくは携帯画面で表示できるよう準備して来場してください。

https://www.twinring.jp/superbike_m/touring/index.html

賞品、記念品は「ホテルツインリンク宿泊ペアチケット」や各レジェンドにゆかりのある三栄刊「RACERS(レーサーズ)」誌・直筆サイン入りなどです(結構豪華です)。

結果は4/4(日)13:15~を予定しています。Grooviewで配信します(Grooviewで配信する表彰ステージはツインリンクもてぎ場外では閲覧不可となるそうです。ご注意ください)。

また、スーパースピードウェイ ホームストレートで選考中のレジェンドに出遭ったらお気軽にお声がけください。選考終了後、時間が許す限りサインにも応じさせていただきます。

バイクで来場される方はぜひご参加ください。

2021年 全日本ロードレース開幕戦 もてぎ

20201年4月3日(土)~4日(日)に開催される全日本ロードレース選手権開幕戦のもてぎラウンドにて、MFJレジェンドライダースクラブイベントの開催が決定しました!

レジェンドによるトークショーやピットレポート、レース解説、レーシングコース体験走行の先導などのたくさんのイベントが予定されていますが、詳細はTRもてぎHPで「モータースポーツ→イベントリスト」でご覧ください。参加レジェンドは伊藤真一、河崎裕之、水谷 勝、清原明彦の4名の予定です。

https://www.twinring.jp/superbike_m/event/

皆さん、ぜひご来場してくださいね。

 

 

2019菅生MX MFJ GP LRC事務局レポート

遅ればせながら、LRC事務局 古谷重治 昨年の秋のレポートです。

~・~・~・~・~・~・~・~

2019 SUGO MX MFJ GP LRC招聘につき、10/26-27にスポーツランド菅生に行ってきました。
26日(土)夜は、19:00から菅生・遠藤社長主催で、仙台駅近くの和食屋「おおみ矢 仙台駅前店」で行われました。当日は鈴木忠男氏と鈴木秀明氏が来れなかったので
菅生・遠藤 渉社長
菅生・村林 匡モータースポーツ部長
百井 明MFJ MX 委員長
菅野 光一MFJ RR 委員長
MFJ鈴木 哲夫会長
MFJ隠岐 直広事務局長
LRC吉村 太一副委員長
LRC東福寺 保雄
LRC事務局 古谷
の9名で、約2時間に渡り和やかに行われました。食事代は、全員が遠藤社長にご馳走になりました。
「おおみ矢 仙台駅前店」
27日(日)は、9:00からMXコントロールタワー隣のVIPルームでミーティングを行い、当日のプレゼンテーター、LRC発足発表会、サイン会、インタビュー等のタイムスケジュールを確認しました。この時点ですでに鈴木忠男氏と鈴木秀明も合流していました。
サイン会では、菅生・佐々木さんが用意してくれた葉書大のレジェンド写真を求めて7〜80人のファンが列を成しました。中には、レジェンドの単行本や雑誌、ポスターを持参する方もおり、それにサインしてもらったり昔話に花を咲かせる人もいました。最後は、オフィシャルやプレスも列に加わるほどの盛況でした。
鈴木秀明さんは、当時着ていたモトクロス・トレーナーやブレストガード、ワークスマシンのガソリン・タンク、デビュー時のゼッケン・プレートなどを持参してくださりイベントをより盛り上げてくれました。
時間の都合もありトークショーは出来ませんでしたが、鈴木忠男氏と鈴木秀明氏による、当日の路面の攻め方などのレクチュアーがメインコースを見渡せる表彰台下で行われました。
スポーツランド菅生も、MFJも、そしてレジェンドの皆さんも、楽しそうに一日を過ごしていました。LRCが関連するイベントは15:00頃終了しました。すべてに一番気を遣っていた吉村太一副理事長も「ほっ」とした表情を浮かべていました。
全てが終わった後、隠岐事務局長経由で「トライアル(のレジェンドライダースクラブの活動)はどうするの?」とMFJ鈴木会長がおっしゃっていたと聞きました。この言葉で今回のLRCの活動が会長にとっても高評価だったことを知りました。なお、トライアルに関しては、11月15日に築地でトライアル部会があるそうなので、私がLRCの概要説明をしてくることにしました。

 

 

朝のブリーフィング
27日(日)朝のブリーフィング
鈴木忠男氏
サイン会で用意されたサイン用写真を準備する鈴木忠男氏
サイン会
当時を思わせる写真にサインしてもらい大感激のファンの皆さん
記念撮影
子供たちとともに表彰台で記念撮影
鈴木忠男氏
当日の路面状況を見て、「最高」と評価する鈴木忠男氏
レプリカヘルメットと共に記念撮影
レプリカヘルメットと共に記念撮影。左から鈴木秀明氏、吉村太一氏、鈴木忠男氏。 ただし、秀明さんのヘルメットは本物

全日本ロードレース筑波ラウンドに レジェンドライダー4人がやって来た

6 月22 日~23日、全日本ロードレース選手権筑波ラウンドで開催された"レジェンドライダースイベント"の模様をお伝えします。

ミスターカワサキこと清原明彦さん、同じくスズキΓの代名詞である水谷勝さん、元ヤマハワークスの河崎裕之さん、ロスマンズホンダNSR500のイメージが強い八代俊二さん。みんな一世を風靡したライダーたちばかり4名とMCを務める川島賢三郎が、ここ筑波サーキットのイベントに集合しました。

トークショーの一コマ
グランドスタンド側に設けられたオートレースブースで、競走車セア号とたわむれるレジェンドたち。
カワイイちびっ子ライダーたちが大集合して催されたポケバイエキシビションレースではプレゼンテーターを務めたレジェンドたち

詳しくは BIKERS STATION 2019年9月号 「ケンツ見聞録」をご覧ください。